同人誌を販売する時に役立つアイテムがOPP袋

袋を使う前に

同人誌を販売する時に、OPP袋を使うべきかどうか悩んでいる人もいるでしょう。このような人は、OPP袋があった場合となかった場合を比べてみるのが大切です。OPP袋の便利さが分かるようになるでしょう。

OPP袋の有り無しを比較

OPP袋がある

同人誌販売でOPP袋を使った場合、作品の見た目も良くなります。手提げタイプのOPP袋であれば、袋がない場合に比べて購入した人に同人誌を渡しやすくなるでしょう。

OPP袋がない

同人誌を入れるOPP袋がない場合は、OPP袋がある場合に比べて販売する側が袋入れをしなくてすみます。しかし、同人作品の持ち運びやすさでは劣ってしまうでしょう。

同人誌を販売する時に役立つアイテムがOPP袋

袋

頑丈で破れにくい

ちょっとしたことでは破れないのが、OPP袋の特徴です。同人誌などを入れても簡単に破れることはないでしょう。その為、本などを入れておくのに便利なのです。

袋

種類が多い

手提げタイプだけではなく、テープなどがついているタイプのOPP袋もあります。必要に応じて使い分けられるのもOPP袋の特徴と言えます。好きなOPP袋が選べるでしょう。

大きさをチェック

OPP袋を利用する場合は、同人誌の大きさに合わせて選びましょう。一般的にA5やA4サイズが利用されています。サイズを間違えないようにしましょう。

広告募集中